• ホーム
  • 花粉症による食物嘔吐はプラスミンを抑える

花粉症による食物嘔吐はプラスミンを抑える

花粉症の症状にはさまざまなものがあります。
鼻づまりやくしゃみまたは咳などの他にも、人によっては喉の不快感や違和感もあります。
さらに喉の炎症が進むと食物嘔吐も生じます。
そうした不快な症状を和らげるにはいくつもの対処方法があります。
花粉症の薬は非常に種類が豊富です。

症状緩和のために大切なことは、体質や症状にあった薬を服用することです。
花粉症は体内にプラスミンが必要以上に増えることで生じます。
このプラスミンの増殖は非常に速く、短期間に自分のコピーをたくさん作り出します。
ですからプラスミンが増殖しない働きをする薬が必要です。
これにより喉の不快感や食物嘔吐を防ぐことができます。
薬の服用と共にのどをマスクなどで保護することが必要です。
またのどが乾燥しないように、湿度に気を付けることもかかせません。

さらに食べ物にも注意が必要です。
刺激の強いスパイスや辛い物は喉を刺激することがあるので、取り入れる量をコントロールしなければいけません。
逆に梨やチキンスープなどは気管の働きを助けるので予防になります。
食物嘔吐を防ぐためには薬の服用以外に、消化の良いものを食べることも欠かせません。
脂っこいものやカロリーの高いものは、花粉の時期だけでも避けるようにしましょう。
花粉症の症状が出来るだけでないようにするためには、花粉を吸いこまないことです。

しかし家に閉じこもっているわけにはいきません。
家にいても花粉の粒子は細かいので侵入してきます。
完全に防ぐことはできないかもしれませんが、家に入るときに衣服についた花粉を払うなどして減少させることは可能です。
また花粉対策がついている空気清浄器も空気中の花粉を取り除くのに効果があります。