• ホーム
  • 秋にもある花粉症にはアレルギー点眼も効果的

秋にもある花粉症にはアレルギー点眼も効果的

マスクをかける女子

花粉症というと、春のスギ花粉が代表的ですが、夏から秋にかけても花粉症はあります。
夏から秋にかけての花粉症の原因は、イネ科のハルガヤやキク科のブタクサなどの花粉です。
春よりも夏から秋の方がひどい花粉症に悩まされている人もいるほどです。
その症状には目のかゆみや違和感を訴える人も多く、アレルギー点眼をすると効果的に改善することができます。

通常の点眼薬では効果がありませんが、アレルギー点眼には、アレルゲンをブロックする効果やかゆみを改善する作用などがあります。
眼科で処方してもらうこともできますし、市販のものもあります。
通常の点眼薬よりも金額は高くなりますが、それらを使うことをおすすめします。

目のかゆみに加えて、目やにが増えるという症状もあります。
視界が悪くなり、運転や仕事に支障をきたす場合もありますので、症状があらわれた時には、アレルギー点眼薬を使うとすぐに効果を感じられるでしょう。

目の表面は傷つきやすく、非常にデリケートな部分ですので、かゆいからといってあまり掻きむしらないようにすることが大切です。
眼球を傷つけると、視力が低下したり、他の病気にかかる恐れもありますので、心配ならば眼科を受診すると良いでしょう。
最近は目を酷使する人に起こりやすいドライアイになる人も増えていますので、大切な目を守る為にも、早めの対処が必要です。

ただし夏から秋にかけての花粉の特徴は、春のスギ花粉とは異なることがあります。
スギ花粉は広範囲にわたって飛散するのに比べて、特にブタクサなどは、川原などの雑草の生えている場所に近づかなければ、花粉の影響を受けることが少ないという特徴があります。
この時期に辛い花粉症になるという方は、なるべく草むらなどに近づかないようにしていれば、ある程度回避することが可能なのです。

人気記事一覧